■管理人

・プロフィール                               ・イベントレポート

■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
デッキ解説
明日で新型PSP発売から2週間経ちます。
かま夜2のメインストーリーは相変わらず面白かったんですが、サブストーリーはやっていて怖かったり、グロかったり、エロかったりと前作に比べるとクオリティが落ちているなーと思いました。
なんか、純粋な面白さ(?)みたいなものが欠けているかなぁと。
後は最近またポケモンやり始めました。
新しいポケモンを育成中ですので機会があればまた誰かと対戦できればと思います。

相変わらずゲームもやっていますが、カードの方もモチベーションはすこぶる高いです。
最近は色々なサイトやブログを回って面白いデッキを探しています。
俺も前はデッキ集なるコンテンツがあったなぁ。
自分のデッキ構築を周りの人達に役立てたいという気持ちは未だにありますが、
元々面倒くさがり屋の俺にはどうもそれができない。
でも、たまには自分のオススメのデッキでも書いてみようかナーとも思っています。
ということで俺のルカリオブイズの構築をご覧ください。

ポケモン:28枚
4: リオル(DP1)
3: ルカリオ(DP1)
1: ルカリオLV.X(DP2)
3: イーブイδ(PCG6)
2: エーフィex(PCG4)
1: サンダースex(PCG6)
2: ロコンδ(PCG9)
1: キュウコン(WCP)
1: ラプラス(PCG5)
4: ホロンのポワルン(PCG7)
2: ホロンのビリリダマ(PCG6)
4: ホロンのコイル(PCG6)

トレーナー:32枚
4: ホロンのトランシーバー
4: ホロンの導師
1: ホロンの冒険家
1: ホロンの化学者
3: ダイゴのアドバイス
4: ミズキの検索
2: ウツギはかせの育て方
2: ロケット団の幹部
4: 封印の結晶
4: バトルフロンティア
3: ポケモン回収装置

エネルギー:0枚

【解説】(ミヤシタ風)
このデッキはサイド4枚戦向けの構築となっています。
では、各カードの解説をしていきましょう。

・ルカリオ
このデッキのメインアタッカーなのでXを含めてラインは4。
言うまでもなくリオルスタートがベストです。
1試合のうちにルカリオは2体ほど立ちますが、ハピナスなど闘弱点の
ポケモンが相手なら「ポケモン回収装置」を含めて3~4体と立てるようにします。

・エーフィex、サンダースex
ポワルンスタートでも「デルタドロー」でカードを引けるようにイーブイをδ種にしています。
エーフィexのポケパワー「ディーヴォフラッシュ」は
ピジョットを使うデッキに対してとても有効になってきます。
ピジョットは大抵「ふしぎなアメ」から進化しているので、
それを退化させてしまえば種ポケモンに戻り、「ふしぎなアメ」が無駄になってしまうのです。
サンダースexはワザ、ポケパワー共にルカリオの「はどうだん」との相性がバツグンです。
狙ったポケモンに「はどうだん」でダメージを与え、
そのポケモンに対して「きずにかみつく」で大ダメージを与えるということができます。

・キュウコン
イーブイと同じくロコンもδ種にしています。
キュウコンが1枚なのに対してロコンが2枚なのは、
「ハッサムexデッキ」によく入れられている「ポケモンリバース」への対策です。
たとえ「ポケモンリバース」で呼ばれ、倒されてしまっても
2枚目のロコンをキュウコンに進化させてしまえば良いのです。
もちろん、キュウコンはそのハッサムexの対策として入れています。

次に、トレーナーとエネルギーを見ていきましょう。
このデッキには普通のエネルギーカードは1枚も入っておらず、
「ホロンのコイル」や「ホロンのポワルン」などエネルギーとして扱えるポケモンを入れ、
それを「ホロンの導師」で引いてくるという構築になっています。
ゆえに、「ホロンのトランシーバー」と「ホロンの導師」は各4枚ずつ入れるという構築になります。
また、ラプラスを「ホロンの導師」で引いてくることで「ホロンの導師」を使った次のターンに
ポケパワー「サポーターナビゲート」で好きなサポーターを手札に加えることができます。
大雑把に言えば「ホロンの導師」だけで種ポケモンもエネルギーもサポーターも引いてこれることになります。

「封印の結晶」と「バトルフロンティア」は4枚ずつ入れることで
相手のポケパワーやポケボディーをほぼ確実に封じることができます。
「バトルフロンティア」は相手の「呪われたほこら」や「クリスタルビーチ」などをトラッシュすることができるので、場合によっては先に出さずに手札に温存しておくことも大事です。
また、「封印の結晶」が働いている状態だとルカリオLV.X、エーフィex、サンダースex、ラプラスのポケパワーを使うことができなくなるのでそこも注意しなければいけないでしょう。

以上で解説を終わります。
DP4シリーズの登場によってこのデッキが戦える環境になるかどうかは分かりませんが、
今の環境ではとても強いデッキであることは間違い無いでしょう。
また機会があれば新しいデッキを紹介していくので、楽しみにしていてくださいね。
スポンサーサイト


日記 | 21:31:58 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。